快適な水空間をこだわりたい。
                                         

本文へスキップ

 

給水方式変更

TOP>>給水方式変更

  ビルマンションの中高層建物は貯水槽・高架水槽を経由して給水する高架水槽方式が一般的ですが、以下のような給水方式の変更工事で貯水槽・高架水槽を使用せずに
  各蛇口への給水が可能です。

     ・高架水槽方式→ポンプ直送方式
     ・高架水槽方式・ポンプ直送方式→直結増圧方式

  
  各変更工事の詳細は下記をご参考ください。

高架水槽方式→ポンプ直送方式

          高架水槽方式                                       ポンプ直送方式

貯水槽で貯水した水を揚水ポンプで高架水槽まで揚水し高架水槽からは自然流下で給水する高架水槽方式を、配水管から供給された水をいったん貯水槽に貯水し、
給水量に応じて給水ポンプの運転台数の変更や回転制御により加圧給水ユニットで各蛇口まで給水する方式への変更工事。

ポンプ直送方式は貯水槽を使用しますが、加圧ポンプによる制御で水道を各蛇口まで圧送しますので、高架水槽は使用しません。

その為貯水槽の維持管理・清掃消毒作業は必要ですが高架水槽の維持管理は不必要となります。

高架水槽方式・ポンプ直送方式→直結増圧方式



上図の高架水槽方式とポンプ直送方式を直結増圧方式への変更工事。
直結増圧方式は、給水管の途中に増圧給水設備(ブースターポンプ)を設置し、配水管からの水道管に圧力を増して直結給水する方法です。

この方式は給水管に増圧ポンプ(ブースターポンプ)を連結し、配水管の水圧に影響を与えること無く水圧の不足分を加圧して高い位置に直結給水します。

これにより以下の様なメリットが有ります。

●貯水槽における衛生上の問題の解消。
  ・定期的な水槽の清掃消毒作業がなくなり、
  ・水道水の衛生安定供給が出来ます。
  ・水質劣化が解消されます。

●省エネの推進
  ・配水管の圧力を有効利用するためエネルギー
  ・ロスが少なく動力費の節約が出来る。

●スペースの有効利用
  ・貯水槽が不要な為スペースをとりません。


給水方式変更工事施工例  増圧高架水槽方式   

既設給水方式は貯水槽と高架水槽を使用した高架水槽方式です。貯水槽の老朽が原因で給水方式の変更を実施する事となりました。
 ★高架水槽方式から増圧高架水槽方式
この方式は貯水槽で貯水せず増圧ポンプで屋上の高架水槽へ揚水し高架水槽に貯水した水を自然流下で各家庭の蛇口まで水を供給します。


メーター口径変更40mm→50mm        貫通箇所レントゲン調査            ダイヤモンド貫通               1次側給水管新設 VA50
   

1次側給水管新設               1次側給水管新設               揚水管新設                  揚水管新設
   

既設高架水槽解体中              既設高架水槽解体後              新規高架水槽 2.0*2.0*2h      新規揚水管 50mm
   

給水管配管工事後 100mm          新規増圧ポンプ                新規メーターBOX 50mm
  

給水方式変更工事のフォロー図 

給水方式変更工事施工例 直結増圧方式

既設給水方式はポンプ直送方式です。給水ユニットの故障と貯水槽の漏水が原因で給水方式の変更を実施する事となりました。
 ★ポンプ直送方式から直結増圧方式
既設引き込み管は25mmで直結増圧方式では40mmの引き込み管が必要なため、道路を掘削して引き込み管の口径変更を行います。敷地内部の給水管(2次側)の口径変更
も行い新規増圧ポンプに配管を接続して完了です。

道路掘削工事                 配水管より分技工事              新規水道メーター40mm           敷地内配管新設工事40mm
   


旧貯水槽解体中                新規増圧ポンプ設置後             貯水槽解体後・配管工事後          タイル補修後
   






 
   加圧給水ユニット   給水方式     施工事例         会社概要
   増圧ポンプ      給水方式変更   貯水槽取り替え
   揚水ポンプ                 FRPライニング工事
   排水ポンプ                 給水工事